新人研修(YNSS)

安心感を持って着実にステップアップ

当院の新人プログラムは、それぞれの成長に合わせた「集合研修」「ローテーション研修」「シャドー研修」「プリセプターシップ」で構成されています。

新人教育のメソッド

  • かけがえのない仲間と共に、連帯感や責任感を育む
  • 集合研修で身に付ける、基本の知識や技術
  • 現場の雰囲気を肌で感じるローテーション研修
  • プリセプターシップのサポートで配属後も安心

Pickup Program 4月 集合研修

わかばのように日の光を浴びてのびのびと育ってほしい

「集合研修」は病棟に出る前に行う研修で、1カ月をかけた贅沢な学びの時間です。看護の基礎を振り返りつつ当病院の基礎や手順を指導し、現場の雰囲気にも少しずつ触れていきます。新人同士で過ごす時間でもあり、仲間意識も芽生えてくることでしょう。

新人看護師は、いわば芽が出てすぐの“わかば”。水やりを欠かさず日の光を浴びることで、すくすくと育ってくれるものと信じています。皆さんを大切に育てたいという思いから生まれた、当病院独自の教育プログラム。安心して最初の一歩を踏み出すための準備期間です。

研修項目

  • 日常生活援助
  • 採血
  • 血糖測定
  • 吸引
  • 移送
  • 酸素吸入療法
  • 薬剤投与
  • 心電図モニター
  • 標準予防策
  • 医療安全管理
  • フィジカルアセスメント
  • BLS

病院の基本理念と看護の基礎を振り返る時間

当院の職員として必要な手順や基準を覚える期間です。病院の基本理念や看護部の理念を学び、日常のお世話やベッドサイドケアなど、看護の基本をチェックします。少人数で研修室で行うため、落ち着いた雰囲気の中ゆっくり学べるところが特徴です。

すべての病棟で患者さまに実践するローテーション研修

すべての病棟を3日間ずつまわり看護実践をするのが、ローテーション研修です。それぞれの科の特徴的な看護を見学することができます。学生時代の臨床研修から時間が経ってしまって心配、という声に応えたのがこの研修。目で見て、現場の雰囲気を肌で感じることができます。

Pickup Program 5月 シャドー研修

“シャドー”となって間近で見学
先輩看護師の手技を学ぶ時間

5月からは病棟に配属になり、「シャドー研修」がはじまります。配属先の雰囲気に慣れるため、先輩看護師に交替でついて、間近で手技を見て学びます。“シャドー”なので、自分のペースでじっくりと見学でき、病棟全体の1日の流れや、看護師の役割を肌で感じることができます。また、様々な経験や役職を持つ看護師につくことで、それぞれのスキルや、自分の立ち位置を知る機会にもなります。

PNS(Partnership Nursing System)

当院で提供している看護体制PNSは、2人の看護師がペアを組んで複数の患者を受け持ちをします。相手の知識・能力を学びながら、またお互いの力を活かし協力し合うことで、看護業務を効率的に行います。

Pickup Program 5月中旬~ プリセプターシップ

優しくマンツーマンでフォローする

1か月間にわたる当病院独自の新人教育プログラムの後、いよいよ本当の病棟デビュー。プリセプターシップがはじまります。勤続2・3年目の先輩看護師(プリセプター)が、日常業務をいっしょにしながら基礎的な知識や技術を指導。新人看護師(プリセプティ)の心配や不安な気持ちも受け止め、マンツーマンでフォローしていきます。また、病棟全体で新人看護師を育てるしくみもあり、1年目の看護師の成長を皆で見守っています。

先輩インタビュー

接遇の大切さを伝えていきたい

プリセプター 小池尚也さん ICU所属

病院を見学した時、スタッフの方の患者さまに接する様子がとてもあたたかく、好ましいものを感じました。ここでなら自分が理想とする看護ができると思い、転職しました。
接遇の素晴らしさは当院の強みです。プリセプターとして新人さんに接する時も同じで、すぐその場で指導するのではなく、ひと呼吸置いてから丁寧に伝えるようにしています。新人さんにとって身近な存在になって、接遇の大切さも伝えていきたいと思っています。

看護師1年目のスケジュール