教育プログラム

安心して成長できる場所で
あなたの未来を築こう

「まるで芽が出たばかりの若葉が、大きく成長し、幹が太くなり、枝葉がついていくように…。」
そんな願いを込めて、私たち看護部は、新人教育とキャリアデザイン構築のために支援を行っています。

看護師としての「はじめの一歩」を安心して踏み出すことができるよう、新人看護師教育の充実を図ります。そして2年目にも継続してローテーション研修を行い、3年目からは専門性の強化などを目的とした様々な研修を実践しています。

あなた自身の将来像を見つめ、「自分の目指す看護師像」へとステップアップするために全力でサポートします。

看護部教育方針

  • 病院の理念、看護部の理念・方針に基づいて、質の高い看護を提供できる看護師を育成します。
  • 継続教育は、看護の専門職業人として臨床看護実践能力を高め、患者ケアの質的向上を図ることを目的とします。
  • 社会の動向・医療環境を踏まえ個々の看護職員に合った研修の機会を提供します。
  • クリニカルラダーシステムに基づいて、臨床看護実践能力が高められるように看護実践、管理、教育、研究に必要な知識・技術・態度に関する学習の機会を提供します。

クリニカルラダーシステム

段階的な研修・実践で、無理なく計画的にステップアップできる宇都宮記念病院独自の教育サポート制度です。

新人・卒後2年目 指導を受けて
基本的な看護実践が
できる
到達目標
  • 病院の理念を理解し、組織の一員として、指導を受け行動できる
  • 正確な知識・技術を習得し、マニュアルに沿い指導を受けて、安全に提供できる
  • チームにおけるメンバーの役割を理解し、指導を受けて協働できる
  • 事故の課題を認識し、指導を受けて学習できる
卒後3〜4年目 自立して
所属部署の看護実践が
できる
到達目標
  • チームの目標に向け、メンバーとしてチーム目標に取り組める
  • 所属部署の担当看護師として、自立した行動ができる
  • チームにおける日々のリーダー的役割を認識し、協力を得て遂行できる
  • 自己の課題を認識し、自主的に学習できる
卒後5〜6年目 リーダーシップを発揮し、
指導的役割を担える
到達目標
  • 部署目標の達成に向け、自己目標を連動させ取り組むことができる
  • 専門的な知識・技術を活用し、効果的かつ効率的な看護を提供できる
  • チームリーダーの役割を果たし、チーム内で発生した問題を解決できる
  • 自己のキャリアを展望し、専門領域に関する学習に取り組む
  • 専門分野に関して知識を深め、スタッフを指導できる
卒後7〜9年目 卓越した看護実践を行い、
組織横断的な
活動ができる
到達目標
  • 部署目標の達成に向け、指導的に関わることができる
  • 専門的な知識・技術を活用し、看護を提供できる
  • 複雑な状況を適切に判断し、自ら適切な行動をとることができる
  • 組織の中で指導的役割を取ることができる
卒後10年目以上 地域への貢献、
組織的なアプローチが
できる
到達目標
  • 病院組織の目標達成に向け、自己目標を連動させ、組織化変革を推進できる
  • 専門領域における卓越した看護を提供でき、指導者を育成できる
  • 組織横断的にリーダーシップを発揮し、関連部署や地域との連携・調整・協働ができる
  • 指導者層の教育及び育成計画を立案できる