先輩看護師インタビュー

先輩インタビュー

患者さまへのきちんとした接遇を
身につけられる病院

齋藤 元さん 救急外来所属

救急の現場に立ちたくて4年前にこの病院に転職しました。以前勤めていた病院では精神科と内科に所属していたのですが、患者さまが急変したときに対応できる、本当の意味で命を守れる看護師になりたいと思いがありました。予測がつかない部署ですが、どのような時も落ち着いて対処することを心がけています。

ハッと気づかされた先輩の言葉とは

作業的になってはいけないことはわかっているのですが、受け入れる患者さまが多くなって、とりあえずベッドを空けないといけないとか、診断をつけて次の段階に進めないといけないという事態になった時に、作業的になってしまうことがあります。そういうときこそ、患者さまの話をきちんと聞いたり、触診して自分の目で確かめないといけないよと先輩に言われたことがあって、それ以後、肝に銘じています。 

ネガティブな言葉

後輩にも「焦るな」ということをいつも伝えています。とは言え、注意しすぎたり、ネガティブな言葉はかけたりして、委縮してしまわないように気をつけています。私が先輩のアドバイスで気づくことができたように、後輩にも何かの気づきがあればいいなと思っています。そして、患者さまが安心して体を預けられる看護師でありたいと思っています。