先輩看護師インタビュー

先輩インタビュー

職種を超えて仲が良く、
連携ができる職場

田中 亜依さん 看護助手・外来所属

専門学校で介護士の資格を取り介護施設で働いていましたが、子供がまだ小さかったので夜勤のない職場を探していました。この病院に就職したのは、家から近く、仕事と子育てを両立できると思ったからです。看護助手として就職し、最初の5年間は病棟に勤務し様々なことを教えていただきました。

職種を超えて協力し合う雰囲気がある

看護助手として入職して8年になりますが、こんなに長く働くことができたのは私の働き方に合っていたこと、そして職場の雰囲気がいいからだと思っています。介護士としての経験はありましたが、病院は初めてだったので最初は不安もありました。でも就職してみると看護師さんたちは優しいし、まわりには看護助手として勤務する方も多く、いろいろ相談に乗ってくれました。また、この病院には職種を超えて協力しあう雰囲気があり、わからないことは気軽に聞くことができます。

これまでの経験は自信につながっている

今は外来に勤務していますが、病棟にいた頃の患者さまに声をかけられたり、看護師さんに頼っていただける場面も増えて、やりがいを感じています。看護助手として仕事をしてきましたが、将来は看護師の資格を取ってもっと深く看護の仕事に携わりたいと思うようになりました。家庭との両立はまだまだ続きますが、これまでの経験が自信になって、新たな一歩を踏み出したいという気持ちになっています。