先輩看護師インタビュー

先輩インタビュー

職員用託児所があるので
小さい子供がいても安心。

平間 有希さん ママさん看護師・内視鏡室所属

この病院に転職したきっかけは夫の転勤で宇都宮に引っ越したからです。市内で託児所のある病院を探していたところ、すぐに面談をしていただけました。引っ越しなどいろいろやることが多かったのですが、子供の預け先も決まり、スムーズに転職することができました。

わからないことはいつでも聞ける雰囲気がある

以前勤務していた病院で内視鏡をやっていたこともあり、内視鏡室の配属になりました。転職してまだ半年ほどですが、みんなが声をかけてくれ、すぐに打ち解けることができました。また、内視鏡の取り扱いに関する技術もまだ未熟なのですが、一緒に居残りして練習に付き合ってくれる同僚もいます。中途採用で経験もありますが、わからないことはいつでも聞ける雰囲気があります。

産休が明けたら新たなチャレンジをしたい

託児所は病後児保育もやっているので、安心して仕事に専念できます。また、スタッフ間でも「お迎え大丈夫?」と声がけをしてくれたり、時間調整をしてくれたり助け合う雰囲気があります。サポートをしていただいたら私も残れる時は残って、協力させていただいています。お互い様の気持ちがあって、
この病院は看護師の教育にも力をいれているので、今後は認定資格にも挑戦していきたいです。実は2人目を妊娠中でこれから産休に入りますが、看護師としての新たな目標も見つけられたので産休が明けたらまた頑張りたいです。